business

事業内容

water-supply works公共水道工事

水道管更新工事

水道管更新工事

水道管が埋設されて長時間を経過すると、どうしても管自体の老朽化が進んだり、継ぎ目が劣化して漏水の可能性が高まります。近年は地震への対策も忘れてはいけません。そこで腐食やショックに強い最新材質の水道管への更新工事が計画的に行われています。

更新工事のプロセスは、地下の状況を調べる事前の掘削調査に始まり、新しい水道管の敷設、家庭への給水管のつなぎ替え、古い水道管の撤去、現場の埋設を経て舗装で終了となります。主に公道上での作業となるため、作業時間を朝9:00~17:00を原則とするなど、近隣の方々への騒音振動対策には特に気を遣っています。

水道管耐震化工事

水道管耐震化工事

政府の地震調査委員会によると、今後30年間に首都圏で大地震が発生する確率は70%だそうです。川越市は現在、水道管の耐震化に積極的に取り組んでいます。

地震による水道管被害で最も考えられるケースが漏水です。管と管との継ぎ目が外れると、その部分から漏水し断水へと至ります。耐震型の水道管では100mmまでのポリエチレン管の接合部に「EF接合電気融着」を採用、従来のビニール管をはるかに上回る耐震性を実現しています。また100mm以上の水道管にはNS管、GX管などの鋳鉄管を使用、接合部に抜け止め機能、伸縮性を持たせる事で、こちらも耐震性をアップさせました。

現在では更新工事の際にも基本的には耐震化水道管への移行が急がれており、より安全な街作りへの取り組みが進んでいます。

otherその他

水道関連土木工事

水道関連土木工事

弊社は「土木施工管理技士」「給水装置工事主任技術者」など、国が定める水道工事に必要な資格だけではなく、日本水道協会が認定する「配水管技能者」耐震・大口径、工事で必要とすより高度な技能資格を多数有しています。
そのため弊社は一般水道工事にとどまらず、上下水道局の水道施設などで施工される浄水場、より大規模な技術が必要とされる土木事業も受注しております。

contact

当社についてのお問い合わせ・ご相談等、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。